« 新年会~ | トップページ | 前世がハムスターと言い張る人 »

2006年1月27日 (金)

札幌地区個人・アンサンブルコンクール

2006年1月14日 札幌市教育文化会館大ホール
出演:札幌市および近郊 各学校吹奏楽部、一般吹奏楽団体

もう2週間ほど経ってしまいましたが、初めて個人コンクール(通称「ソロコン」)を聴きました。札幌地区2日に分けて開催され、1日目がソロコン、2日目がアンコン(アンサンブル・コンクール)となっています。

僕も来年はソロコンに出たいと思っていて、どんな感じなのか、偵察(?)も兼ねて聴きに行きました。といっても、朝から聴くのもしんどいし、夕方は楽団の練習もあるので、午後から4時間ほど聴きました。

まず、中学校金管の部から。トランペットから始まって、だんだんと大きな楽器になって、最後はチューバで終わる、という進行。ユーフォニウムが上手な子が多いなという印象でした。中学生離れした演奏で、ステージ慣れしているのかと思うほど貫禄のある子もいました。短い人だと、楽器を持ってから2年経たないうちにあのステージに立つ子もいたんでしょ。すごいですよ、ほんとに。

続いて高校木管の部。こちらもピッコロからだんだんと音の低い楽器へと進行していきます。さすが高校生、皆上手い!!特に、ピッコロ、フルートは文句のつけようがありません。全員金賞、全員代表でもおかしくない演奏でした。あの演奏で銀賞はないよなぁ。。。

さてさて注目のクラリネット。最初は大麻(おおあさ)高校。プーランク作曲のプレリュード第1番。初めて聴く曲でした。とてつもなく難しい曲。あれを完全に暗譜です。すごいというより化け物です。いきなり先制打を浴びせられた感じです。(見事金賞でしたが、地区代表にはならなかったようです。)
次からのクラリネットは皆さん苦戦してました。だって、みんな曲が難しすぎ!メサージェのソロ・デ・コンクール、ウェーバーの小協奏曲、サンサーンスのソナタなど、知ってる曲も多かったです。

高校木管の部の札幌地区代表は、札幌東陵高校で、ラバウド作曲ソロ・デ・コンクール。こちらも基礎がしっかりしていて、安定度抜群の演奏でした。

時間の都合で高校木管の途中までしか聴けませんでしたが、正直、来年出て大丈夫なのだろうかと不安になってしまいました。基礎も何もできてない僕が出ても、恥かくだけじゃないのかなって。でも、それでも出る!!ごまかしの利かない舞台で、自分を鍛えるために出るつもりです。最初の年は金賞いりません。銀賞だろうが銅賞だろうが、とにかく出て吹ききることを目標にしたいと思います。

今年の夏あたりから本格的に練習しないとなぁ。。。。

|

« 新年会~ | トップページ | 前世がハムスターと言い張る人 »

コメント

初コメントします。某N団のラッパふきです。

久しぶりに、かなり昔の掲示板の書き込みを見たら、数年前もソロコンに出たい!って書いてましたよ(^^)
何事も思い切りが肝心ですよ~
申込書出しちゃえばいいんですよ、多分猛練習する羽目になりますから♪

これからもよろしく~!

投稿: Syu | 2006年1月27日 (金) 13:39

Syuさん、コメントありがとうございます m(_ _)m

確かに、某N団にいた頃、そんなことも言ってましたね。結局断念してしまいましたが。。。
来年こそ出ます!そのために、知り合いのピアノ弾きさんを口説いてるところです。

曲は、実は5年先まで決まってたりするんです~
何やるかって?それはひみつ~(オイ)

投稿: Gustav (管理人) | 2006年1月27日 (金) 16:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101220/8358126

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌地区個人・アンサンブルコンクール:

« 新年会~ | トップページ | 前世がハムスターと言い張る人 »